ハンドメイド作家はビジネスマインドとスキルを身につけよう


たくさんのハンドメイド作家さんを見ていて思うのは、素晴らしい技術や知識を持っている人ほど謙虚で自己アピールが下手であるということ。そして、ビジネスマインドやスキルがない人が多いというのを感じています。

だから、ハンドメイド作家講座や創業塾では、自己アピールとビジネスマインドやスキルを身につけることの大切さを、最初にお伝えしています。

ハンドメイド作家さんは自分は作り手であるから、なるべく人前に出ないで商品(作品)だけが売れてほしいとか、人気になってほしいと願う人が多いですが、今の時代はそれでは無理です。皆さんも誰が作っているかわからないものを買うよりも、知っている人から買う方がいいでしょう?

自分の商品を広めていけるのは、自分だけです。誰もあなたの商品を広めてはくれません。毎日ブログを書いていても、フォロワーを増やす努力や、商品を直接見てもらったり、買ってもらえる工夫をしなければ無理なのです。売っていることも、教えていることもわからない人から、誰が買ったり、習ったりしたいと思うのでしょうか?

そして、一番大事なのはプロフィールです。お客様や仕事相手は、どんな経歴があるのか、どんな思いで作品を作っているのかでその人を判断します。だから、恥ずかしがらないでどんどん経歴を出していきましょう。プロフィールは300~400文字くらいでまとめるといいでしょう。もっと詳しく書きたいときは、別のページを設けて項目別に書くといいです。

プロフィール例

詳しいプロフィール例

実は私も7年前までは、人前に全く出ず、顔も経歴も出していませんでした。ブログやホームページもありませんでした。当時はすでに書籍のお仕事をさせていただいていましたが、それでもなかなか仕事が広がっていかないと感じていました。自分では「こんなに経歴も実績もあるし、作品もいいのになぜだろう?」と思っていましたが、当たり前ですよね。だって、きちんと伝えていなかったのですから。仕事相手だって、知らなければ仕事の頼みようがありません。

その後あるきっかけがあって、直接編集者さんとお会いしたり、ブログを始めたり、イベント出展をしたりするようになりました。そうして、だんだん私の人柄や経歴や過去の作品を知ってもらえるようになったら、仕事が増えていくようになりました。

そこから、ビジネスメールのやり取りをしたり、名刺を作ったり、ブログやSNSを毎日更新するようになりました。その後、徐々にパソコンスキルを身につけて、チラシを作ったり、講座の資料を作ったり、ホームページを作ったりして、ビジネスの体裁を整えていきました。

周りからハンドメイドを仕事として認めてもらうには、ある程度ビジネスの形を整えることが大切です。自分がどうしたいかも大切ですが、周りからどう見えるかの方がもっと大切なのです。名刺やホームページを作ったり、パソコンのスキルを身につけたり、ビジネスメールやビジネス対応の基礎を学ぶことは、これからのハンドメイド作家にとって必須項目になってくるでしょう。

私も最初は全然できなくて本当に苦労しました。間違えてしまって恥ずかしい思いもしたし、軽くあしらわれて悔しい思いもしました。「40代や50代になって、何でこんな思いを?」と悲しくなることもありました。でも、そんな思いをしながらでも自分で身につけていくしかないんですよね。

今では、「すごくネットリテラシーが高いですね。」とか「コミュニケーション能力が高いですね。」と褒められるようになりました。以前は、友人たちに「Facebookにこんなこと書いちゃだめだよ。」とか「ブログに顔や本名を出しちゃだめだよ。」と、いつも怒られていた私がですよ? 私のためを思って厳しく注意してくれた友達や、温かく見守ってくださったメンターの存在はありがたいですね。

商品のクオリティを上げるのと同じくらい、ビジネスマインドやスキルを身につけることを心がけると、どんどんやりたいことができるようになっていきますよ。


入社1年目ビジネスマナーの教科書

こちらのハンドメイドの仕事の本も好評発売中です。