人を紹介するということは、その人の行動に責任を持つということ


「Amu」掲載  母と子のニット(オリジナルデザイン)

人を紹介するということは、その人の行動に責任を持つことだと思っています。

だから、いくら本人から「紹介して欲しい」と言われても実力がない人は紹介できないし、もしもその人が失敗したら自分の信用が落ちても構わないという覚悟をもって紹介しています。

それには、人を見る目が必要です。デザイン力、技術力、知識、人柄、責任感、経歴、実績・・・そういうことを総合的に見て判断しています。そこには、自分の好みや私との相性はあまり関係ないと思っています。

でも、時には将来性を重視することもあります。だって、人はセンスとやる気さえあれば、将来花開く可能性を秘めているのだから。

昔、恩師が私の才能と可能性を信じてくださったように、新しい才能が花開き、もっともっとハンドメイドが好きな人が増えるといいなと願っています。

 

こちらの本も読んでみてくださいね。