パソコン作業ができると仕事の幅が広がるよ


最近、パソコン作業が多いのですが、Word や PowerPoint や Excel で資料やスライドを作っているとなんだか編集者になれるような気がしてきました。(^^♪

6~7年前までは、メールも満足に打てなかったのが嘘のようです。

あの頃は「100回聞いても、優しく教えてくれるパソコンの先生がいたらいいのになぁ」と思っていたのに、今では自分がそんな感じの仕事をしているなんて全く想像もしていませんでした。人生ってわからないものですね。

実は私は、パソコン教室に行ったことも、本を見たこともありません。最初に少し夫に教わった以外は、全部自分でやりながら覚えました。それもみんな「日本語で書いてあるんだから、触ってればできるよ」というスパルタ&放任な夫のお陰です。

最初のころは、立ち上げに20分もかかる古いパソコンで「ブログの登録ができた~!」と思ったらIDに名前がバッチリ入っちゃってて作り直したり、半日かけて一生懸命書いたブログ記事を間違えて消してしまったり・・・と失敗ばかりしていました。そんな失敗の数々が、今の仕事にも役立っています。

私の強みは、自分がハンドメイド作家として活動しながら、苦労してWebや写真の技術を習得し、夢を実現してきたことだと思っています。だから、ハンドメイド作家さんが、どこがわからなくて、どこで躓くかわかって、的確なアドバイスができるんですよね。そんなところが、生徒さんたちが親しみを感じてくれている理由だと思います。

最近は、色々なプロの方の資料やスライドを見る機会が増えてきたので、ますますいい感じに資料が作れるようになってきました。やっぱりレベルが高い人のを実際に見ると勉強になりますね。

できなかった事ができるようになるのは、いくつになっても嬉しいものです。Webデザイナーのようにお洒落なデザインはできませんが、わかりやすい資料やスライドが自分で作れるようになったので仕事の幅が広がりました。イメージに合う写真も撮れるようになりましたしね。「一体、私は何のプロ?」という感じですが、今どきのハンドメイド作家は色々な技術が必要なんですよね。

もしも、皆さんも仕事の幅を広げたいと思うなら、やっぱりパソコン作業ができるようになるといいと思います。もちろん、お金を払ってプロに制作を頼んでもいいですが、基本的なことが自分でできると仕事の幅が広がって面白いですよ。

こういう図も PowerPoint の【図形】を組み合わせて作れるようになりました。名刺作りを教えに来てくれた友人が「今は、私よりも技術が上だね」と誉めてくれました。