仕事とは人と人との繋がり


 

オリムパス・エミーグランデのツーピースレース編みのツーピース(オリジナルデザイン)
糸:オリムパス・エミーグランデ
針:かぎ針2/0号

以前、仕事が広がっていかないと悩んでいた時に、恩師から「あなたには人脈がないのね」と言われたことがあります。(その時、先生は「私が紹介してあげようか?」と言ってくださったのですが、時期ではないので「自分でやってみます」とお断りしました。)

27歳から3人の子どもを産んで、夫の2回の海外赴任、5回の国内転勤、自身の病気、子どものPTAなどの役員12回、親の介護で、18年近く自分の用事で自由に外出することができない生活を送っていました。

だから、ハンドメイドの書籍のデザインの仕事や、自宅での手芸教室をもう少し広げたいと思っていましたが、その時は無理をしてまで広げるべきではないと考えていました。実家も遠くて手伝ってくれる人もいませんでしたし、夫も仕事が忙しかったですしね。3人の子育てと次々と回ってくるPTAなどの役員をこなすのに手一杯だったのです。

でも、恩師に言われた言葉が心のどこかに引っかかっていて「出かけられるようになったら絶対に人脈を作ろう!」と思っていました。

5~6年前にようやく外出できるようになってからは、積極的に人と話したり名刺交換したりして、覚えてもらえるように努力しました。仕事の打ち合わせには必ず行くようにしましたし、受けてみたい講座には申し込み、イベント出展、懇親会、パーティーなどもできる限り参加しました。そうしたら、だいぶ人脈ができてきて仕事が広がっていくようになりました。

それまで、私は作品さえよければ仕事が広がっていくと思っていました。でも、それは大きな間違いだったと気がつきました。だって、顔も知らず、経歴も出さず、人柄もわからない人に仕事を頼む人はいませんよね?もしも、作品が天才的に素晴らしければ可能性があるかもしれませんが、それでもやはり本人の人柄や責任感、仕事に対する姿勢など、そういうところがもっと大事だということに、今更ながらに気がつきました。

『ハンドメイド作家育成』の仕事をするようになってからは、以前の私のように「自分は作り手であるから、なるべく外に出ずに作品だけ作っていたい」というハンドメイド作家さんが多いことにも気がつきました。ブログを毎日やっていても、顔も名前も経歴も出さず、友達やフォロワーを増やす努力もしないで、作品だけ発表していても、なかなか仕事には繋がらないでしょう。

今年【はじめてのブログ講座】を受けてくださった方が「沼里先生の講座を受けて、それまであんまりブログなんてやってみる気がなかったのですが、こうすればハンドメイドを仕事にできるんだと知ってやってみる気になりました」と仰っていました。その方は市販されている技術の低いハンドメイド作品を見て「これなら私の方が、もっといいものができるわ」と思ったそうです。気づくって大事ですよね。

近ごろの私は、昔とは違って「人脈が広いですね」と言われることが多くなりました。自分では気がつかなかったのですが、会いたい人に会いに行き、行きたいところに行くようになってから、だんだん人脈ができてきたのかもしれません。最近は、仕事のできる素晴らしい方とばかりお会いできるようになったので、ちょっと緊張してしまうことも多いのですが、皆さん気さくに話しかけてくださるので楽しくお仕事をさせていただいています。

ハンドメイド以外の方ともお会いする機会が多いので、そちらから新しいアイディアをいただいたり、発想の転換ができることも多いです。信頼できる方から「あなたなら大丈夫よ!」と言われると勇気が湧いてきますよね。いつも私の周りには、いい人ばかりが集まってきて、守ったり励ましたりしてくださるので本当にありがたいと思っています。

こんな経験から、今はハンドメイドを仕事にしてみたい人に、どんどん外に出て人と会うことをお勧めしています。講習会、展示会、イベント、教室、懇親会、ランチ会・・・行くときは、ぜひご自分の作品を身につけて素敵にコーディネートして出かけましょう。すぐに仕事に繋がらなくても、あなたの人柄を知った人からどんどんご縁が広がっていくと思いますよ。

やっぱり、仕事って人と人との繋がりなんだなというのを感じている今日この頃です。そんな繋がりができる創業塾はこちら。本日 6月25日(月)が締め切りです。この機会をお見逃しなく!
さいたま商工会議所主催「第15期さいたま女性創業塾」のお申込みはこちらから