100年先も、ハンドメイドが皆様に愛され続けていますように!


最近、〆切がいくつか続いていたのですが、ようやく一段落してホッとしています。やっぱり〆切が重なっているときって、何となく落ち着かないものですね。

フリーランスも個人の裁量で仕事のできるうちはいいのですが、だんだん仕事相手が増えてくると、とても気を遣います。自分が遅れたら相手に迷惑をかけてしまうと思うと尚更です。

でも最近は、そんな風に色々な方と関わってお仕事をさせていただく事がとても楽しいです。皆さん、懐の広い方ばかりなので安心ですし、逆にこちらがお役に立てることもありますので、仕事の幅が広がってきています。あちこちに頼りがいのある上司がいるようで本当に心強いです。

6~7年前までは体調不良で、家にこもってデザイン・制作をしていましたが、なかなか仕事が広がっていかないのを悩んでいました。でも、当時は自分から外へ出ていく気持ちは全くなかったのです。一生、地味で地道なニットデザイナーでいようと思っていました。ところが、ある出来事がきっかけで、なぜか外へ出て行かざるを得なくなりました。

そんな風に、言わば強制的に外へ出ることになってしまった訳ですが、結果的にはそれがよかったのかもしれないと思っています。もしそれがなかったら、きっと私は今でも家にこもって、デザイン・制作や手芸教室の仕事だけをしていたでしょう。時代に取り残されていたかもしれませんね。

自分の思い通りにいっているときって、なかなか変化を起こしにくいものなんですよね。だって変わる必要性がない訳ですからね。ところが、何かトラブルが起こったり、思い通りにならない時って、すごく困るんです。「え~、どうしよう?このままじゃやりたいことができなくなっちゃう。何なんとかしなくちゃ!」ってね。それで、色々と行動するわけですが、結果的にはそれが別の道を見つけるきっかけになったりします。

この3年間も、そんなことの繰り返しです。「こうしよう」と思ったことが「できる!」と思ったのに、なぜかできなくなってしまって・・・。仕方がないので別の道を探すうちに新しい扉が開いて・・・。そこで一生懸命がんばったら、また次の扉が開いて・・・。起業って案外そんな感じなのかもしれませんね。

フリーランスって結局、何をするにも自分の責任ですから、全然怖くないと言ったら嘘になりますが、これからはもっと、ゆるゆると楽しんでいきたいと思います。

先日のさいたま女性創業塾で「ハンドメイドは楽しい!」「ハンドメイドは私にとっての癒しです」という生徒さんたちの言葉に、初心を思い出しました。

「100年先も、ハンドメイドが皆様に愛され続けていますように!」

そのために、自分のできることをしていこうと思います。