季節を感じながら、今、この瞬間を生きる


家からバス停までのほんの2分くらいの曲がり角に、小さな花壇があります。そこのミニひまわりの蕾に心を奪われました。

萼のドゲドゲが美しい!

きっと、ニットデザイナーの頃だったら、このトゲトゲをどうやって表現しようかと夢中になったことでしょう。

あの頃は、目に映るもの、耳に聞こえるもの、肌で感じるもの全てを、空想の世界でいつもデザインに置き変えていました。

季節の移ろいにも、雲の動きにも、子どもの成長にも、気がつかなかった・・・。ちょっと、おかしな人ですよね。(笑)

もう少しで花開く、力強い生命力が、蕾をより一層美しく見せるのでしょうか?

植物を育てるのは、あんまり得意じゃないんですが、やっぱり美しいものを見ると心が洗われるような気がします。


気がつけば、もうすっかり夏ですね〜。

ついつい、先のことばかり考えてしまいますが、これからは、今をしっかり味わって生きたいと思います。

この夏は、海に行ったり、花火大会を見に行ったりしてみたいなぁ。