作品が同じぐらいのレベルなら人柄がいい方が選ばれる


 

最近、周りの人に仕事を頼む事が多くなり 、頼みやすい人と頼みづらい人がいるなという事に気がつきました。

そういえば以前、担当の人が「作品が同じくらいのレベルなら人柄がいい方が選ばれる」と仰っていましたが、まさにその通りだなと思います。

やっぱり、仕事を頼む立場としては「はい、できます」と直ぐに言ってくれると嬉しいし、それで期待通りの仕事をしてくれたら、また次もお願いしようと思うでしょう。(一番最初は期待以下でも、一生懸命さや誠意があれば、また頼む事もあります)

でも、お願いしても、あんまりやりたくない様な素振りを見せられたり、「私は自信がないので無理です」と断られたら、凄くガッカリするし「もう次はこの人に頼むのはやめよう」と思ってしまいます。

ああ、担当さんが仰っていたのは、こういう事なんだなというのが、身をもってわかって来ました。

多分、仕事相手は頼んだ時点で「この人ならできる」と確信していますし、できなければ自分がフォローする心積りでいるはずです。私も、仕事を頼む立場として、また頼まれる立場として、どちらの気持ちもわかるようになってきました。

もしも、あなたが周りの人から仕事を頼まれる様になりたいなら、多少自信がなくても、笑顔で「はい、やります」と言ってみましょう。そして、頼まれた仕事は手を抜かずに一生懸命やることです。そうすれば、きっと相手はまた次もあなたに頼みたいと思うでしょう。

仕事が広がれば、お金は後から付いてきます。だから、最初からお金を得ることばかりに固執せず、まずは周りの人の信用を得るという事に力を入れてみるのがいいのではないでしょうか?

ヴォーグ学園 初のオンライン講座 受講者募集中です

「WordPressホームページ講座」受講者募集中 8/25(土) 渋谷

さいたま商工会議所主催「第15期さいたま女性創業塾」ただいま開催中です