2ヵ月かかった水漏れリフォームが終了しました


6月下旬に気づいた2階の洗面台の水漏れ。何度も担当さんと打ち合わせをしたり、ショールームに見に行ったりして、ようやく今日リフォームが終りました。長かったなぁ。結局、丸2ヵ月かかりました。でも、新しい洗面台とトイレが入ったので新築みたいで嬉しいです。壁紙と床の色を明るくしたので、以前より広く見えます。

洗面台はメーカーは違いますが、元々入っていたものとほぼ同じサイズ。蛇口が2個口から1個口になってしまいましたが、全自動水栓や除菌水も取り入れて、12年でずいぶんハイテクになりました。保険が降りていなかったら、こんな高級な洗面台は入れられなかったので、火災保険に入っていて本当に良かったと思いました。慎重な夫の性格に感謝ですね。

1階のトイレも、右奥の配管部分が小さくなったので、タンクレスのトイレを入れました。こちらも全自動。右手の手洗い台や棚も作り変えました。今のトイレはお掃除がとてもしやすくなっているようです。隣の3畳ほどの納戸のクロスも張り替えました。

最初に水漏れを発見したときは、まさかこんなに大掛かりなリフォームになるとは思いもせず・・・。何だか、どんよりとした気持ちでいましたが、担当さんの「保険が降りるので、思い切って好きなようにリフォームしちゃいましょう!」という言葉を聞いてから、だんだん楽しくなってきました。

洗面台、トイレ、手洗い台、壁紙、床材を選んだり、荷物のお片づけをしたり。リフォーム期間の10日間には、大工さん、壁紙屋さん、水道屋さん、現場監督さん、お掃除の人、リペア業者さん、工事チェック係、最終検査係、課長さん、所長さん、色々な方が来て、みんなプロの仕事をしてくださいました。それぞれの連携も素晴らしく、いいハウスメーカーを選んだなと思いました。

途中、トイレの床暖房の蓋が外れていることに気づかずに、私が穴に落ちるというアクシデントもありましたが、誠実な対応をしてくださったので、より一層信頼度が増しました。私はたいした怪我はしませんでしたが、今後このような事故が起きないように社内ですぐに会議して対策を立ててくださいました。今回のアクシデントは些細なきっかけですが、今後の事故防止のお役に立てたのなら幸いです。(家族には、寝ぼけて穴に落ちるなんてバカだと言われていますが・・・)

本当は、このリフォーム期間に色々と行きたいところがあったのですが、今回はご縁がなかったのでしょうね。果たして来月は行けるのでしょうか?足元をしっかり見ながら、進んでいきたいと思います。

ヴォーグ学園 東京校 1dayレッスン (満席・キャンセル待ち)

「第6期ハンドメイド作家講座」ただいま募集中

「イベント出展&ワークショップ講座」ただいま募集中