日本ヴォーグ社 毛糸だま創刊40周年記念イベント「毛糸だ!まつり」


高校生の頃から日本ヴォーグ社「毛糸だま」に憧れていた私は、1990年から日本手芸普及協会で手編み講師・製図基礎科・指導員・師範と取得し、バンタンデザイン研究所でニットデザインを学びました。その間にも「毛糸だま特派員」として記事を書いたり、「黒ゆき子のセーター塾」に作品が多数掲載されたりと、20代は「毛糸だま」と関わらせていただいてきました。

3人の子育てと2回のアメリカ生活を経て2007年からは、日本ヴォーグ社NV企画とのお仕事から始まり、日本編物文化協会「Amu」、日本ヴォーグ社「ステッチイデー」、フェリシモ「クチュリエ」、ブティック社「ビーズ de ビーズ」など様々な書籍や、ルシアン、東急ハンズ、アシェット、ビーズハウスマミー、ナツメ社などのメーカーや企業ともお仕事をさせていただいて参りました。

3年前から、ハンドメイド作家育成講座を始めましたが、昨年からは自治体や商工会議所や男女共同参画センターなどで起業支援、今年からはヴォーグ学園でもハンドメイドを仕事にしたい方向けの講座を担当させていただいています。

何だか不思議ですね。学生の頃はただ憧れているだけだったハンドメイド・ホビーの世界と、気がつけばこんなに深く関わって来たなんて。30年がまるで夢のようです。

だから、明日からはじまる、毛糸だま創刊40周年記念イベント「毛糸だ!まつり」はとっても感慨深いです。

来年は30年続いた平成も終わり、新しい年号が始まりますね。ハンドメイドの古き良き伝統と新しい時代の幕開けを感じさせる今回のイベント。東京中野の新社屋になった日本ヴォーグ社のCRAFTING ART GALLERY(クラフティングアートギャラリー)は広くてとっても素敵です。ぜひ、みなさんも行ってみてくださいね♪