相手のご要望や気持ちを知り、やる気を引きだす声掛けができるようになりたい


以前の私はわりと緊張しやすい性格で、初対面の相手と話すのが苦手でした。今でも少し苦手なのですが「自分がいま出会う人は、すべて自分自身」と思うようになってからは、あまり緊張しなくなりました。

子どもの頃や若い頃は、いつもリーダー役を任されていたので、それなりに人前で話せたのですが、16年前に体調を崩してからというもの、とても臆病になってしまいました。生死の境を彷徨った挙句に、強い薬の副作用でたったの2ヵ月で15キロも太ってしまい、それまでずっと細身だった私は自分の容姿を受け入れることができませんでした。体形が変わるだけで、こんなに辛い思いをするんだなというのを感じましたし、色々な事に対して臆病になって自信が持てなくなってしまいました。

PTAなどの役員で行事に参加すれば必ず熱を出して1週間くらい寝込んでしまうし、一人で電車にも乗れないし、3人の子どもの育児や家事はしなくちゃいけないし、本当に苦しい10年間を過ごしてきました。(体調が悪くても、子どもが3人いると次々と役員が回ってくるのです)

それでもニットデザインの仕事と手芸教室だけは、どうしても続けたくてがんばってきました。〆切には1回も遅れたことはないし、手芸教室も自分の都合で休んだことはありません。

でも、もう人前には一生出ないと強く心に決めていました。だから、今こんな風にあちこちで講師をやらせていただいているのがとても不思議です。朝起きて気分が悪くないのが本当にありがたく、こうしてまた外へ出て働けて、誰かのお役に立てるのが嬉しいです。

自分が健康を失って10年以上も苦しい思いをしてきたので、ついつい頑張り過ぎている人を見ると「無理をしちゃダメだよ」と言ってしまいます。でも、先日ある人のブログで「私はがんばってと言われたかった」というのを読んで「そうだったのか・・・」とちょっと衝撃を受けました。

人への声掛けや対応は難しいですね。私は看護師として心理学やコミュニケーション論も学んでいますし、自分自身も家族関係のトラブルや挫折経験を何度も味わっていますので、それなりの対応はできると思っていたのですが、まだまだ修行が必要みたいですね。

生徒さんや色々な人と話すことによって、その人のご要望や気持ちが見えてきます。これからも思考錯誤しながら、より良い声掛けができるようにがんばりますね。

今後の講座の予定

9月29日(土) ヴォーグ学園1dayレッスン「ハンドメイド販売サイトデビュー講座」
満席・キャンセル待ち

10月7日(日) 開講「第6期ハンドメイド作家講座」募集中 残席5名様

2月開講「イベント出展講座」準備中(2019日本ホビーショーに出展予定)