誰かに紹介していただける、一緒に仕事をしたいと思ってもらえるってすごく有難いこと


誰かに紹介していただける、一緒に仕事をしたいと思ってもらえるってすごく有難いこと。この6~7年はそれを感じた時間でした。

10年もの長い間、体調不良で外に出ることができなかったので、仕事も断っていましたし、PTAなどの役員もなるべく立候補しないできました。小さい頃からリーダー役を任されていた私にとって、それはとても辛いことでしたが、人に上手く頼ったり、角を立てずに断ったりすることを身につける、貴重な時間だったのかなと思います。できない人の気持ちもずいぶんわかるようになりました。

お蔭で今は、自分にできないことは上手に頼むことができるようになりましたし、無理なことは相手の心証を損ねることなく断ることができるようになりました。今年は、ずいぶん交渉するということができるようになったと思います。

リーダー気質ってやっぱり生まれ持ったものなのかもしれませんね。私は元々控えめな性格で、あまり目立つのが好きではないのですが、どうしても周りからリーダー役を任されてしまうんですよね。責任感が強くて、面倒見がいいので、適任だと思われるのでしょうか?最近は、それを自分でも受け入れるようにしています。

今年は、何だかいつもバスケットボールのコートに立って、ボールを運びまくっている感覚でした。(バスケットボール歴12年で、ポジションはゲームの流れを組み立てる『司令塔』のガードか、攻守の要の『何でも屋』のフォワードです)

ハンドメイド作家育成を始めたばかりの頃は、いつも一人で運んで一人でゴールを決めていました。振り返ると、生徒さんたちはまだまだコートの端にいて、3往復位しないとついて来ない感覚でした。でも、今はパスをすると生徒さんがシュートを決めてくれるようになりましたし、今年は一緒にボールを運んでくれる仲間が増えたのでとても楽しくなりました。

やっぱり仲間がいるってすごくいいですね。最近は、仲間の動くルートがわかるのでパスもしやすいし、一緒にいれば必ずゴールを決められるという安心感もあるので大きな仕事もできるようになりました。ミスをフォローしたり、自分にないものを補ってくれる人がいるってありがたいですね。勇気も湧いてきます。

信頼できる仕事相手に出会うってなかなか難しいことですが、ここ2~3年はそんな素晴らしい方々に何人も巡り合えて本当に幸せだなと思います。昔からの親友や知り合い、生徒さんもずいぶん協力してくれました。

昨年から、あちこちのプロの方とお仕事をさせていただけるようになったので、講座の内容も格段に良くなりましたし、生徒さんたちの満足度も高くなりました。だから、どんどん生徒さんたちが成果を出せるようになってきています。

既にハンドメイドの知識や技術を持っている人は、ハンドメイドの仕事の仕方と写真やブログの情報発信を学んで、ビジネスマインドを整えるだけで、どんどんやりたいことを叶えていける場合が多いんですよね。

でも、才能がある人ほど謙虚で控えめだから、なかなか仕事として成り立たないんです。それが、すごくもったいないなと感じています。だから、そんな人たちがもっと活躍できるようにサポートしてあげられたらいいなと思っています。

もちろん、まだ自分のやりたいことが明確に決まっていない人や、これからハンドメイドを仕事にしたい方もOKです。そういう方も大勢いますし、誰にでもわかりやすく教えています。

いつでも振り返れば、後ろでニコニコ笑っていて「大丈夫だよ」「あなたはできるよ」と安心させてあげられる人でいたいな。私もそんな人がいたから頑張れました。今度は、その役目を私が引き受けましょう。だから、安心してハンドメイドを仕事にしていってくださいね。

今後の講座の予定

お申し込みはこちらから
10月7日(日)開講「第6期ハンドメイド作家講座」募集中 残席1名様

2月開講「イベント出展講座」準備中(2019日本ホビーショーに出展予定)