素晴らしい講師は、生徒のレベルに合わせていつも講義を工夫している


最近、色々なジャンルの素晴らしい講師の方々とお会いしますが、皆さんに共通しているのは「受講者のやる気を引き出すのがうまいこと」「受講者が成果を出せるように工夫していること」です。

そのために、受講者の職業や年齢や性別やレベルによって内容を変えたり、実際に講義をしてみて相手の反応を見ながら講義するのがとても上手です。

講義をした後も、受講者が理解しにくかったこと、心配になる要素があれば洗い出し、次回はもっと成果が出せるように最新情報を加えながら作り直しています。そういう点が素晴らしいなと思います。

私も、編物講師を始めた29年前から、いつも生徒さんのレベルに合わせて内容を考え、必ず完成できるように教えることに努めてきました。そのために、事前に生徒さんの作りたい作品を作ってみて、わかりにくいところは変更したり、わかりやすく教えられるように工夫してきました。その経験が今のハンドメイド作家育成活動にも役立っていると思います。

小さな「自分にもできた!」ということが、だんだん自信になっていきます。自信がつけば更にいいものを作ったり、もう少し大きいことにチャレンジしてみようという気になります。生徒さんのそういう気持ちを大切にしていきたいと思っています。

そのためには、やはり講師を信頼してもらう事がとても大切です。だから、仕事をする上で大切なことはきちんと説明しますが、決して感情的に怒ることはしないように気を付けています。

私は元々、怒るということはないんですけどね。それでも、やっぱり先生に注意されると落ち込んでしまう人も多いので、キツイ言葉は言わないようにしています。ブログには、覚悟がある人だけ来て欲しいので結構厳しいことを書いていますが、本当はとっても面倒見がよくて優しいんですよ。

最近は「ずっと沼里先生にお会いしたかった」とか「また、先生に会えて嬉しい」と言っていただけることが増えて、私の方こそ嬉しいです。

先日、昔からの生徒さんが、大勢の生徒さんに講義する私を見て「沼里先生が、とても遠くに行ってしまった気がして寂しい」と言っていましたが、そんなことはないですよ。どこにいても私は私だし、ずっと変わりません。

今まで関わってくださった生徒の皆さん、一人一人が大好きだし、どこにいても、何をしていても、ずっと皆さんのご活躍をお祈りしています。だから、心配しないでご自分の活動を楽しんでくださいね。たとえ、作品を見に行かなくても、言葉をかけなくても、いつも見守っています。

さて、今日は「第6期ハンドメイド作家講座」の第1回目です。どんな方にお会いできるのかとても楽しみです。

実は2人お休みの方がいらっしゃるので、第1回目はオンラインで補習することになっています。だから、今から参加したい方も間にい合いますので、もしよかったらお申し込みくださいね。お待ちしています。

今後の講座の予定

まだ間に合います!
10月7日(日)開講「第6期ハンドメイド作家講座」募集中 残席2名様

2月開講「イベント出展講座」準備中(2019日本ホビーショーに出展予定)