流行は自分で作れ!~自分の好きを知って、自分らしい作品を作ろう~


この秋もファッションデザイン画Ⅱを学ぶことにしました。先日は少し重心移動した上半身のデザイン画を描きました。ニットデザイナーの兵頭良之子さんの丸ヨークセーターを参考にしています。(スキャンしたら、少し色が変わってしましました)

他の生徒さんの作品を見ていると「やっぱり絵や作品って本人に似ているなぁ」と思います。毎日鏡を見ているからでしょうか?好きな物って、いくつになってもあんまり変わらないのかもしれませんね。

ハンドメイド作家やデザイナーって個性が必要なので、自分の好きなものを追及することが大事ですよね。デザイン学校では「流行は自分で作れ!」と教わりました。その時は「へぇ~、そうなのかぁ」と思いましたが、いつもその意識でいるって大切なことですね。

”今までに見たこともないもの”、”誰も作っていないもの”、”自分らしいもの” そういうものを追求していかなければ、プロのハンドメイド作家やデザイナーとして活躍していくのは難しいでしょう。

作品を一目見て「あ、これ〇〇さんのでしょ?やっぱり好きだな~♡」って思われるくらい個性がないとね。そこが、売る商品を作ることと、デザイナーの作る作品の違いだと思います。

えっ?私にはそんなセンスや才能がないから無理?

自分でそう思うなら、最初から目指さない方がいいよ。

だって、センスや才能なんて、自分であると思わなければ、誰もあるなんて思ってくれないんだから。センスや才能を測る物差しなんてないし、そんなのただの個人の好み。時代や国や常識が変われば、評価なんていくらでも変わってしまうものでしょう?

だから、とにかく自分の好きを知っていっぱい作ること。自分はできるって信じること。

最初はマネでも構わないから。お洒落なものをたくさん見て、自分の好きを探してみよう。どんどん外に出て、自分の作ったものを見てもらったり、買ってもらったり、教えたりする機会を作ろう。そうすれば、だんだん自分のやりたいことに近づいて行けるでしょう。

ファッションデザイン画Ⅰクラスで描いた全身画。花モチーフのショールをポイントに、この秋トレンドのサイドボタンのロングラップスカートとコーディネートしてみました。(オリジナルデザイン)

今後の講座の予定

10月7日(日)開講「第6期ハンドメイド作家講座」開催中

2月開講「イベント出展講座」準備中(2019日本ホビーショーに出展予定)